秘書の仕事、一生懸命がんばります。


by 8ixzzodzo2

<   2010年 02月 ( 24 )   > この月の画像一覧

 木嶋佳苗容疑者は3日午前、勾留(こうりゅう)尋問を受けるために埼玉県警川越署からさいたま地裁に護送された。

 午前9時20分ごろ、木嶋容疑者は警察官に連れられて川越署奥の駐車場に現れると、すぐさま護送車に乗り込んでいった。白とピンクのカーディガンをかぶり、表情をうかがうことはできなかった。

【関連:結婚詐欺・連続不審死】
結婚を“エサ”に男性籠絡
パソコンから大出さんのメール消去 木嶋容疑者、証拠隠滅か
埼玉の連続不審死 状況証拠積み重ねて立件
「あの子のところに行って謝って」被害者遺族がコメント
結婚詐欺の木嶋容疑者を殺人容疑で再逮捕 
木嶋被告、6度目の逮捕は…婚活相手から四百数十万円

上質で着心地グッド! 3万円以下イタリア製スーツ好評(産経新聞)
八ッ場ダムの橋入札延期、国交相が群馬県に要請(読売新聞)
<太陽熱発電>30年ぶり復活へ 東工大技術で低コスト実現(毎日新聞)
結核検査2200人誤診の疑い=大阪府、正しい検査器具使わず(時事通信)
【中医協】有床診入院基本料を再編成(医療介護CBニュース)
[PR]
by 8ixzzodzo2 | 2010-02-04 22:48
 京都府医師会長の森洋一氏(62)が、今年4月の日本医師会(日医)の会長選挙に立候補することを明らかにした。近畿6府県の医師会でつくる近畿医師会連合も森氏を推薦する予定。

 会長選には、自民党と協調する立場を取ってきた現会長の唐沢祥人氏と、昨年の衆院選で民主党候補を支援した茨城県医師会長の原中勝征氏の2人がすでに立候補を表明しており、森氏で3人目。

 森氏は「政治に左右されない日本医師会をつくりたい」としており、「日本の医療は危機にひんしているが、それに対する対応が取れていない。国民の目線に立って、安心安全の医療制度を充実、発展させていきたい」と話している。

 森氏は京大医学部卒。小児科医で、平成18年から府医師会長をつとめている。

【関連記事】
民主と日医が政策勉強会 参院選に向け連携か
日医と民主党のバトル再開へ 開業医の再診料下げめぐり
医師らの反乱 ひろがる自民族議員への不信 茨城6区
改定先送りの公算 22年度診療報酬改定、勤務医に重点配分
日医排除 医療体制再建につなげよ

<子ども手当>給食費滞納に充当 首相が検討指示(毎日新聞)
<障害者基本法>抜本改正で推進会議一致 差別禁止法制定も(毎日新聞)
普天間移設、最後は国の責任で=岡田外相(時事通信)
地域活性化へ「緑の分権改革」=クリーンエネルギーや農産物活用−総務省(時事通信)
「脳脊髄液減少症」で患者団体が要望署名提出(医療介護CBニュース)
[PR]
by 8ixzzodzo2 | 2010-02-04 00:02
 埼玉、千葉県などで男性が相次いで不審死した事件で、交際相手だった東京都千代田区、会社員大出嘉之(おおいでよしゆき)さん(当時41歳)を殺害したとして殺人容疑で逮捕された住所不定、無職木嶋佳苗(きじまかなえ)被告(35)(詐欺罪などで起訴)が事件直前、大出さんに「レンタカーで迎えに来て」とメールしていたことが1日、捜査関係者への取材でわかった。

 大出さんは車を持たず、木嶋被告はドイツ製高級車を所有していたが、自殺を装うため車を大出さんに調達させたとみられる。

 捜査関係者によると、木嶋被告は、大出さんに「家族に会ってほしい」「レンタカーで迎えに来て」などのメールを送信していた。大出さんとは昨年7月頃から交際を始めており、メールは、埼玉県富士見市の駐車場で大出さんが遺体で見つかる昨年8月6日の直前に送られていた。

 埼玉県警東入間署捜査本部は、木嶋被告が「結婚のあいさつ」名目で誘い出し、大出さんが本人名義で借りたレンタカーで一人で練炭自殺を図ったと偽装する計画だったとみている。木嶋被告は容疑を一貫して否認している。

 一方、大出さんは昨年8月5日午前11時半頃、自身のブログに「婚活中で、今日相手のご家族と会う。今夜から2泊3日で相手と婚前旅行に行きます」と書き込んでいた。捜査本部は、こうしたブログやメールが「自殺ではない根拠の一つ」としている。

 大出さんは着替えなどを入れた旅行カバンを持って千代田区神田神保町の自宅を出発。午後7時頃、東京・板橋区内でレンタカーを借り、木嶋被告の同区内のマンションを訪れている。

 これまでの捜査で、大出さんのレンタカーが午後9時頃、練馬区内を埼玉県方向へ通過した通行記録が確認された。レンタカーは、板橋区のマンションから16キロ離れた埼玉県富士見市の駐車場で止まった。その日の深夜、駐車場北300メートルにある温泉施設で、木嶋被告に容姿の似た女性がタクシーに乗り、板橋区内に向かったことも判明している。

 練炭がたかれたレンタカーの中で大出さんの遺体が見つかったのは、翌朝だった。司法解剖の結果、死因は一酸化炭素中毒で、体内から木嶋被告が処方されていた3種類の睡眠導入剤と同じ組み合わせの3種類の成分とアルコールが検出され、胃にシチューのようなものが残っていた。

 木嶋被告は、「自宅で大出さんと一緒に、自分が作ったビーフシチューを食べた」と説明したという。

 捜査本部は、木嶋被告が食事に睡眠導入剤を混ぜ、酒を飲ませたうえで大出さんをレンタカーに乗せ、ネットで購入していた練炭と七輪を運び込み、現場に向かったとみている。

         ◇

 さいたま地検は1日、木嶋被告を詐欺罪でさいたま地裁に追起訴した。

 起訴状などでは、木嶋被告は昨年7月13日頃から23日頃までの間、大出さんに結婚する意思があるように装ったメールを送り、同24日頃、都内の駅で大出さんから現金470万円をだまし取ったとしている。

明石歩道橋事故 元副署長を強制的起訴へ 検察審が議決(毎日新聞)
小沢氏続投、支持相次ぐ=事情聴取受け閣僚が発言(時事通信)
外国人参政権推進派の支柱が撤回 長尾教授「明らかに違憲」(産経新聞)
答弁拒否、閣僚席飛び出し…“国会崩壊”の様相(読売新聞)
渋滞の車列に大型バイク追突、男性死亡 大阪中央環状線で(産経新聞)
[PR]
by 8ixzzodzo2 | 2010-02-02 23:54
 和歌山市の和歌山公園動物園で昨年3月に生まれた双子のヤギ(いずれもメス)。名前はまだない。初めての冬を迎え、ふっくらと太った。寒さの中、ふさふさの白い毛に守られ仲良く檻(おり)の中を歩き回る。横長の瞳で見物客をじっと見つめるあどけない表情がかわいい、と人気だ。

 お客さんに、そんな2頭とのふれあいを楽しんでもらいたいと、同園では飼育員らが密かに“ヤギのお散歩”の練習に取り組む。見物客のいない時間に、おそろいの赤い首輪をつけ、檻の外に出してみるのだが、姉妹は目新しい外の世界におどおど、びくびく。練習を始めて半年になるが、いまだに他の動物の姿を見るたびに飛び上がってフンを漏らしてしまう。

 飼育員は「慣れるまでかなり時間がかかりそう。気長に見守りたい」。

【関連記事】
カバ「ナツコ」死ぬ 天王寺動物園
北海道の4動物園、ホッキョクグマ“レンタル移籍”
展示工夫、ライオン誕生で…日立かみね動物園の動員好調
野毛山動物園にレッサーパンダが仲間入り
脱走した「北限サル」無事に捕獲

名護市長選「斟酌せず」に抗議へ…沖縄選出議員(読売新聞)
山崎拓氏「公認なければ離党」 引退報道は否定(産経新聞)
<神奈川県>「預け金」問題で職員3人を懲戒免職(毎日新聞)
<強盗致傷>95歳女性、病院搬送 室内荒らされる 東大阪(毎日新聞)
2次補正、参院で審議入りへ=予算委(時事通信)
[PR]
by 8ixzzodzo2 | 2010-02-01 23:48