秘書の仕事、一生懸命がんばります。


by 8ixzzodzo2

カテゴリ:未分類( 55 )

 和歌山市の和歌山公園動物園で昨年3月に生まれた双子のヤギ(いずれもメス)。名前はまだない。初めての冬を迎え、ふっくらと太った。寒さの中、ふさふさの白い毛に守られ仲良く檻(おり)の中を歩き回る。横長の瞳で見物客をじっと見つめるあどけない表情がかわいい、と人気だ。

 お客さんに、そんな2頭とのふれあいを楽しんでもらいたいと、同園では飼育員らが密かに“ヤギのお散歩”の練習に取り組む。見物客のいない時間に、おそろいの赤い首輪をつけ、檻の外に出してみるのだが、姉妹は目新しい外の世界におどおど、びくびく。練習を始めて半年になるが、いまだに他の動物の姿を見るたびに飛び上がってフンを漏らしてしまう。

 飼育員は「慣れるまでかなり時間がかかりそう。気長に見守りたい」。

【関連記事】
カバ「ナツコ」死ぬ 天王寺動物園
北海道の4動物園、ホッキョクグマ“レンタル移籍”
展示工夫、ライオン誕生で…日立かみね動物園の動員好調
野毛山動物園にレッサーパンダが仲間入り
脱走した「北限サル」無事に捕獲

名護市長選「斟酌せず」に抗議へ…沖縄選出議員(読売新聞)
山崎拓氏「公認なければ離党」 引退報道は否定(産経新聞)
<神奈川県>「預け金」問題で職員3人を懲戒免職(毎日新聞)
<強盗致傷>95歳女性、病院搬送 室内荒らされる 東大阪(毎日新聞)
2次補正、参院で審議入りへ=予算委(時事通信)
[PR]
by 8ixzzodzo2 | 2010-02-01 23:48
 八ッ場(やんば)ダムの建設中止を表明している前原国土交通相は24日、群馬県長野原町の建設予定地で住民との初の意見交換会に出席した。

 「将来に対する不安を抱かせていることはすべて政治の責任」。国交相は深々と頭を下げたものの、「皆様の気持ちに応えることができない可能性もある」と建設中止を撤回しない姿勢を見せた。このため住民側は「建設中止を受け入れたわけではない」と反発し、双方の妥協点は全く見えないまま会合は約2時間で終了した。

 この日午後2時、会場となった長野原町の町立体育館に姿を見せた前原国交相が小さく一礼すると、集まっていた水没予定地5地区の住民約140人は息を潜め、会場にはピリピリとした空気が漂った。

 「建設を中止すると申し上げ、大変な困惑と怒りとご迷惑、そして将来に対する不安を抱かせていることはすべて政治の責任……」

 前原国交相は冒頭、静まりかえった住民たちに再び頭を下げた。そして「ダムを横に置くならば、どういう生活再建を国として作り上げていけるか時間の勝負」と早期に議論を進めることを呼びかけ、「ダムがない状況で、皆さんの生活をどう作れるかお話をさせていただきたい」と述べて、もう一度頭を深々と下げた。

 これに対し、水没関係5地区連合対策委員会の委員長、萩原昭朗さん(78)が「建設中止の方針を受け入れたわけではないので、建設中止になった場合の議論はしない」と抗議の声を上げ、その後、代表の12人が意見表明に立った。

 「大臣、こっちを見て下さい」。手元の紙にメモを取っていた前原国交相にそう呼びかけたのは、ダム問題による過労で14年前、夫が突然死したという長野原町議の星河由紀子さん(67)。「移転した人たちは『ダムができればあきらめがつく。できなければ古里への未練が残る』と言っている。そのためにもぜひダムを完成させてほしい」。星河さんの涙の訴えに、会場から大きな拍手が上がった。

 会合終了後、「大臣は色々説明したが、表面上、何を言おうと本音は中止なんだろう」と、あきらめたように話す住民もいた。

 前原国交相は昨年9月に就任後初めて長野原町を訪れる前、地元の理解が得られるまでは建設中止の手続きを始めないことを表明。その後、建設継続もあり得るとも取れる姿勢を見せたことなどから、住民は12月17日、意見交換会に応じることを決めた。

<君が代不起立>元教職員側が逆転敗訴 東京高裁(毎日新聞)
<大逆事件>管野スガの書簡見つかる 幸徳秋水の無罪訴え(毎日新聞)
<警視庁>45歳警部が電車で痴漢容疑…書類送検・辞職(毎日新聞)
過労死企業名公開訴訟 第1回口頭弁論 国は争う構え(産経新聞)
首相動静(1月22日)(時事通信)
[PR]
by 8ixzzodzo2 | 2010-01-31 07:57
 参院予算委員会は27日昼の理事懇談会で、2009年度第2次補正予算案について、28日午前に締めくくりの質疑を行った上で採決することを決めた。与党はその後の参院本会議に緊急上程し採決する方針で、2次補正予算案と関連2法案は同日中に可決、成立する見通し。 

【関連ニュース】
2次補正、質疑続行=参院予算委
参院追及も決め手欠く=舛添氏は首相にエール?
衆院解散の意思ない=鳩山首相
参政権、閣内で調整=平野官房長官
首相、「闘って」発言撤回せず=2次補正が審議入り

公立中の3年生、塾代などに過去最高の40万円(読売新聞)
<俳人協会賞>榎本さん「祭詩」、栗田さん「海光」に(毎日新聞)
<火事騒ぎ>泥酔状態の男が火 けが人なし 大阪府警南署(毎日新聞)
1票の格差 昨年の総選挙「違法」と指摘 広島高裁の判決(毎日新聞)
篠山紀信さん書類送検へ=公然わいせつ容疑−屋外でヌード写真集撮影・警視庁(時事通信)
[PR]
by 8ixzzodzo2 | 2010-01-29 19:58
 22日午前3時ごろ、京都市南区西九条猪熊町の福田寺敷地内にある住職(62)の自宅に、3、4人組の強盗が押し入り、住職や副住職の弟(60)の手首や足首を電気コードで縛った上で、室内から現金約200万円を奪い逃走した。京都府警南署が強盗事件として捜査している。住職らにけがはなかった。
 同署によると、副住職は午前3時ごろ、トイレに行こうとした際に脅され、室内にあった電気コードで手首を縛られた。就寝中だった住職も足首を電気コードで縛られた。犯人グループはその後、室内を物色し、住職の部屋にあった約200万円を奪ったという。 

【関連ニュース】
【動画】ティファニー強盗、映像公開
裁判員「言い分違い大変」=3被告審理、懲役7〜8年
弁護側、減刑求め結審=性犯罪初の裁判員裁判の二審
強盗殺人容疑で59歳男逮捕=靴底に被害男性の血か
強盗殺人容疑で男再逮捕へ=マンションで男性殺害

小沢幹事長、民主党代議士会に出席も無言(産経新聞)
社民党大会閉幕、国対委長と政審会長人事先送り(読売新聞)
菅家さん「謝って」元検事「深刻に受け止め」(読売新聞)
<訃報>境田巌さん68歳=日本ホッケー協会常務理事(毎日新聞)
<小沢幹事長>「包み隠さず申し上げた」 聴取後に会見(毎日新聞)
[PR]
by 8ixzzodzo2 | 2010-01-28 18:04
 宮内庁は22日、寛仁(ともひと)親王殿下の長女彬子(あきこ)さま(28)が哲学博士の学位を取得したと発表した。皇族の博士号取得は、秋篠宮さまの理学博士に次いで2人目。

 同庁によると、彬子さまは19日に英オックスフォード大マートン・カレッジで博士号の口頭試験を受けていた。博士論文の趣旨は「19世紀から20世紀にかけての大英博物館での日本美術収集と展示の事例から、英国人の日本美術観がどのように変化していったかを明らかにした」という。

 また、彬子さまが同大の留学を終えて31日に帰国することが、22日の閣議で報告された。彬子さまは04年10月から5年4カ月間、留学していた。

青森県で震度4(時事通信)
第2次補正予算案 衆院本会議で与党3党などの賛成で可決(毎日新聞)
「愛の泉」募金に153万円(産経新聞)
「政治とカネ」解明に全力=自民全国幹事長会議−谷垣総裁(時事通信)
小沢氏が4億円不記載了承…石川議員が供述(読売新聞)
[PR]
by 8ixzzodzo2 | 2010-01-27 02:10