秘書の仕事、一生懸命がんばります。


by 8ixzzodzo2

アレルギー対策の方向性、新たな検討会で(医療介護CBニュース)

 公明党のアレルギー疾患対策プロジェクトチーム(座長=江田康幸衆院議員)は3月5日、8省庁の担当者からヒアリングした。この中で厚生労働省健康局疾病対策の難波吉雄課長は、厚科審対策委が2005年10月の報告書で、対策を「5年をめどに見直す」としていることを受け、10年度に「リウマチ・アレルギー対策検討会」を開いて今後のアレルギー対策の方向性を検討する考えを示した。

 厚労省はこれまで、「厚生科学審議会疾病対策部会リウマチ・アレルギー対策委員会」が05年10月にまとめた報告書を基に、アレルギー疾患対策を進めてきた。同報告書は、5年間をめどとして方針を示しており、10年で5年が経過する。これを踏まえ難波課長は、10年度に「リウマチ・アレルギー対策検討会」を設置し、この5年間の対策を総括した上で、今後の新たなアレルギー疾患対策の方向性を検討するとした。


【関連記事】
慢性疾患対策、概算要求にも反映−厚労省
アレルギー体質にかかわる遺伝子を解明―理研
「慢性疾患対策の更なる充実に向けた検討会」が初会合―厚労省
夢の医薬品、「花粉症緩和米」

沖縄で震度5弱(時事通信)
<白馬モーグル大会>協賛有無にかかわらず「JAL杯」で開催へ 来月11日(毎日新聞)
「プラス改定、素直に喜びたい」−全自病・邉見会長(医療介護CBニュース)
経カテーテル大動脈弁留置術を高度医療に―専門家会議(医療介護CBニュース)
傷害致死容疑、継母再逮捕=5歳児に暴行−兵庫県警(時事通信)
[PR]
by 8ixzzodzo2 | 2010-03-07 06:56